カメラ一覧

アクションカム MUSON MC2は、価格が安い!付属品豊富ですぐにモトブログ開始!

アクションカムが欲しい!できれば、GoPro欲しいけど、高くて買えないって人は、Amazonでベストセラー1位(2017年10月現在)のMUSONは如何でしょう?

MUSON MC2と防水ケース リモコンとケースが付属

MUSON MC2の価格をAmazonでチェック

価格はなんと7千円ちょい。安い!

なんと、一通り付属品も揃って、価格は1万円もしない格安の商品です。

安くても画質は十分では無いでしょうか。価格が何倍もするGoProやソニーの製品と比べると、画質は辛いところですが、価格相応で満足できると思います。まずはMUSONのアクションカムで遊んでみて、本格的な機材が欲しくなったら、GoProにステップアップするのも有りですね。

下の動画はYouTubeに投稿されていたosabexさんのMUSON MC2+バイクの映像です。

付属品が沢山ある!

ケースと一緒に、付属品も沢山付いています。

MUSON MC2 付属品一覧

自転車やバイクによっては、固定するためのハンドルパイプマウントも付属するので、別途買う必要は無く、すぐにモトブログを始めることができます。車のドライブレコーダーとしても使えますよ。

防水ケースも付いているので、雨が降っても安心して撮影することができるのも有難い。水深30メートルまでOKなので、ダイビングを趣味にされている方にもお使い頂けます。

バッテリーは最初から2個付いてきます。これは嬉しいですよね。15メートル離れても操作できるリモコンもあり!

  • バッテリーが2個付属
  • バッテリー充電器
  • 防水ケース
  • 収納ケース
  • ハンドルパイプマウント
  • クイックリリースバックル
  • 延長アーム3つ
  • カメラマウントアダプター
  • ネイキッドフレーム
  • フレーム用クリップアダプター
  • ヘルメット固定
  • サポートペルト
  • クリーニングクロス
  • 結束バンド
  • マイクスリット付バックドア
  • USBケーブル
  • リモコン(15メートル遠隔操作)

 

MUSON MC2をリモコンで操作

 

 

主な特徴

4Kまで撮影できますが、フレームレートが25fpsになります。フルハイビジョンの1080p は、30fps/60fpsで撮影できますので、フルハイビジョンでの撮影をメインにすると良いと思います。マイクロSDカードは付属していないので、購入しましょう。

  • 解像度:1080p/720P/4K/2.7K
  • 170°の広角レンズ
  • WI-FI対応(802.11b/g/n)
  • 背面に2インチの液晶ディスプレイ付き
  • 日本語対応
  • カード:Micro SDHC(付属なし)
  • バッテリー容量:900mah(90分)
  • 入力/出力:Micro USB/HDMI
  • サイズ:59.3×24.6×41.1mm
MUSON MC2

MUSON MC2の価格をAmazonでチェック


Xperia Z5 SOV32 Android6.0アップデート後のカメラは改善されたぞ

私がメインに使っているスマホはau版Xperia Z5(SOV32)です。実際に使っていて一番イライラしていたのは、カメラの挙動でした。

Xperia Z5 Android6.0アップデート後のスクリーンショット

起動時間もシャッターラグも改善

カメラアプリの起動時間が長かったのですが、Android6.0へのアップデート後、カメラアプリの起動が早くなったようです。

他にも、シャッターラグにも参っていました。このタイミングで撮りたいって写真を、見事に逃していました。アップデート後では、物理ボタンを半押しで、予めピント合わせておけば、ボタンを押しこむとほぼ同時にシャッターが切れるようになりました。タッチでも以前よりも明らかにサクサクと撮影できます(解像度8MPの場合)。撮影していて、気持ち良い。以前が気持ち悪すぎたのので、やっとマトモになったのかも。私には、ここが一番嬉しいポイントでした。

ユーザーインターフェースも慣れればOK

カメラアプリのユーザーインターフェースが変更されています。マニュアルモード、オートモード、ビデオ撮影モード、カメラアプリの選択が、画面をスライドすることによって切り替える仕様になりました。人によっては以前と変わり不便に感じるかもしれませんが、iPhoneも使ったことの有る人であれば、特に気にならないのでは無いでしょうか?

オートモードでの画面の明るさ設定や、色合いの設定を選択するバーを、一回の操作で表示できなくなったのは、ちょっと面倒かも。フラッシュ以外の設定箇所は、設定ボタンの中に集約されています。マニュアルモードですと、ワンタッチで、露出補正のバーを表示できます。

Screenshot_20160608-161148マニュアルモードで露出補正のバーを表示した様子

しかし、まだ完璧では無い?

カメラの改善を褒めましたが、カメラのシャッターラグはまだ改善できるのかも?あと、撮影した写真のデータを保存する時間が長いですね。8MPで撮影すれば、サクサク撮影できますが、23MPだと引っかかりが有ります。

また、iPhone6と比べると、撮影する瞬間の気持ち良さは負けていると思います。シャッター音も原因なのかな。私が使っているミラーレスのNEX-6と同じ感覚で、気持ち良く撮影出来たら最高なのに。

最後に、要望ですが、正方形の写真を純正アプリで撮影出来きるようにして欲しい。写真のサイズ設定(解像度)の箇所で、「8MP(1:1)」というメニューを追加するだけなので、簡単だと思うのですが・・。なぜ無いんだ!正方形は他のアプリを使えってこと?正方形の写真を撮るために、Instagramを起動したく無いのです。


RICHO THETA Sのアプリが、動画のVR表示に対応したぞ!

RICHO THETA SをAndroidスマホで使っているユーザーの皆さん、朗報です。ちなみに、私もTHETA Sユーザーで、Xperia Z5にアプリを入れて使っています。

全天球型カメラ RICHO THETA SのAndroid用アプリのバージョンが、1.9.0にバージョンアップされました。

Android版のRICHO THETA Sアプリで、VR動画を今まで以上に楽しめる!

今回の主な変更は、動画のVRビュー(二眼)への対応です。これで、Androidスマホをヘッドマウントディスプレイに装着して、THETA SアプリでVR動画を楽しめるようになりました。どうして動画のVRに対応していないんだと、私自身ユーザーとして今まで不便に感じていました。これからは、動画を撮影して、同じアプリを使いVR動画を確認することが出来るので便利ですね。友達など、人に見せる時も撮影したその場で、簡単にVRとして視聴させる事ができます。(iOS版のアプリは2016年3月に行われた1.6.0へのバージョンアップ時からVR動画に対応しています。)

VRビュー(二眼)を選ぶメニュー

メニュー内に、「 VRビュー(一眼) 」と「 VRビュー(二眼) 」が表示されるようになりました。

RICHO THETA SのVRビュー(二眼)を試したスクリーンショット

このように、VRビュー(二眼)を選ぶと、ヘッドマウントディスプレイで表示可能です。

引用:バージョン 1.9.0 の更新内容

RICOH THETA S for Android アプリのバージョンアップ履歴 (公式サイト)

・動画もヘッドマウントディスプレイに対応した表示ができるようになりました。
-静止画、動画ともに「アプリ」「写真」「カメラ」の画像を表示できます。
※すべてのヘッドマウントディスプレイでの動作を保証するものではありません。
・バグ修正

ボタン操作後の画面遷移に問題有り?

さっそく、アプリをアップデートし、試してみましたが、1つ問題がありました。再生前に「 VRビュー(二眼) 」を選択した後に、「 再生ボタン 」を押すと、ヘッドマウントディスプレイ用の2画面では再生されずに、1画面のVR動画として再生されます。これってバグでしょうか?私の再生環境はSONY Xperia Z5です。アプリ側の画面遷移に問題が有るようなので、すぐに修正を期待したいです。再生後に、メニューから再度「 VRビュー(二眼) 」を選択すれば、問題なくヘッドマウントディスプレイ用のVR動画として再生を行えます。

THETA S

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ

Virtoba X5 VRゴーグル

Virtoba X5 VR BOX 3Dメガネ 3Dグラス VRゴーグル スマホゴーグル 焦点距離調節(ヘッドセット実装)