ルーク・スコット一覧

【ブレードランナー2049】ショートフィルム「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」の本編映像

ブレードランナー2049(監督ドゥニ・ヴィルヌーブ)の公開を目前に、3作品のショートフィルムの公開が行われています。渡辺信一郎監督が2022年を舞台に起きたレプリカントによる電磁パルス攻撃を題材にした作品。2作目は2036年が舞台。科学者が新たに生み出したレプリカントを題材にした作品です。以下のページでご覧になれます。

監督はリドリー・スコットの息子ルーク・スコット

そして、この「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」は、ブレードランナー2049の前年2048年を舞台にした作品です。監督は2作目のショートフィルムと同様に、リドリー・スコットの息子であるルーク・スコット。

主人公は逃れてきた旧型レプリカント

2048年、旧型のレプリカントは処分されていた。その処分から逃れてきた軍人の違法レプリカントを主人公に添えた本作。このレプリカントに襲い掛かる運命とは、、、。

2048:ノーウェア・トゥ・ラン

英語版 ”2048: Nowhere to Run” Short

ブレードランナー2049のグッズ

ブレードランナー2049のチケット ムビチケ

『ブレードランナー 2049』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ) を購入

ブレードランナー ファイナル・カット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ(3枚組)スチールブック仕様(2049セット限定生産) [Blu-ray]

ブレードランナー ファイナル・カット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ(3枚組)スチールブック仕様(2049セット限定生産) [Blu-ray] の価格をAmazonでチェック

Blade Runner 2049 のサントラの商品ページへ

アートワーク The Art and Soul of Blade Runner 2049 ハードカバー

アートワーク The Art and Soul of Blade Runner 2049 ハードカバーの価格をAmazonでチェック


【ブレードランナー2049】ショートフィルム「2036:ネクサス・ドーン」の本編映像

ショートフィルム3作品

ブレードランナー2049と共に制作されたショートフィルムは全部で3作品です。その第一弾、渡辺信一郎監督が制作したブラックアウト2022はこちらでご覧になれます。

カウボーイビバップの渡辺信一郎監督が制作「ブレードランナー ブラックアウト 2022」の本編映像

第3弾のこちらの作品も公開されています。

【ブレードランナー2049】ショートフィルム「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」の本編映像

監督はリドリー・スコットの息子

全ての始まり「ブレードランナー」を監督したのがSFの巨匠であるリドリー・スコット。このリドリー・スコットの息子であるルーク・スコットが本作を監督しています。

キーパーソンの科学者

この作品で重要なキーパーソンは、科学者ウォレス。彼が産み出すレプリカントが未来の行く末を左右しようとしているのか、、、ブレードランナー2049に繋がる重要な作品です。

2036:ネクサス・ドーンの本編映像

英語版 ”2036: Nexus Dawn” Short

ブレードランナー2049のグッズ

ブレードランナー2049のチケット ムビチケ

『ブレードランナー 2049』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ) を購入

ブレードランナー ファイナル・カット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ(3枚組)スチールブック仕様(2049セット限定生産) [Blu-ray]

ブレードランナー ファイナル・カット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ(3枚組)スチールブック仕様(2049セット限定生産) [Blu-ray] の価格をAmazonでチェック

Blade Runner 2049 のサントラの商品ページへ

アートワーク The Art and Soul of Blade Runner 2049 ハードカバー

アートワーク The Art and Soul of Blade Runner 2049 ハードカバーの価格をAmazonでチェック