ブルーレイ一覧

この世界の片隅にのブルーレイが発売。限定版もあるよ!

のんさんこと、能年玲奈さんが主演声優をつとめたアニメーション映画「この世界の片隅に」のブルーレイがもうすぐ発売します。

みんな、のんさんの活躍を期待していたところに、この映画の大ヒット。このような素晴らしい作品に巡り合うのは、偶然や運だけでは無いよね。

のんさんの今までの活躍や彼女の持つ才能を高く評価している監督さん含め作家さん達が多いからでは無いでしょうか?昔であれば潰されていた才能が、作り手やファンの根強い応援によって、再びスポットライトを浴びて活躍をする。とても良い時代になってきている。

のんさんには、今回の作品のヒットをきっかけに、これからも沢山の素晴らしい作品を作家さんたちと共に生み出して欲しいな。

この世界の片隅に 標準パッケージ[Blu-ray]

Amazonで予約をすると、26%OFFの3,853円で購入できます。

この世界の片隅に ブルーレイ

この世界の片隅に 特装限定版 [Blu-ray]

現在、予約第1位で人気商品となっている限定商品です。やっぱりファンはこれが欲しいんだよね。この特装限定版はメイキング映像、音楽ライブ映像、さらに、イベント映像収録の特典DISCを収録!100ページのブックレットまで付いているんだぜ!ブルーレイを見た後に、「この世界の片隅に」の世界観にどっぷり入ることができる仕様になっております。

のんさんのアフレコをする様子や、キャンペーンを行っている様子まで見られるので、ファン必見の内容です。

Amazonで予約をすると、26%OFFの7,866円で購入できます。

この世界の片隅に 特装限定版 ブルーレイパッケージ

この世界の片隅に 特装限定版 Amazon限定商品 [Blu-ray]

Amazonだけで手に入る限定商品もあります。こちらは通常の特装限定版との違いは、収録時間14分のメイキングDISCが付き。内容は、のんさんがアフレコの現場で、「すずさん」になっていく過程を見ることができるメイキング映像です。

現時点で予約価格は10,908円です。

この世界の片隅に 特装限定版 ブルーレイパッケージ


【考察】スマホの写真やビデオをPCに取り込むソフトは何が良いのか? Playmemories Home編

皆さんは、お使いのスマホの写真やビデオを、どのようにPCに取り込んでいますか?私はSony Xperia Z5を使っているのですが、撮影した写真やビデオを、どのようにPCに保存したら便利なのか検討しています。

クラウドに保存も良いが、ブルーレイとして保存したい

スマホですと、クラウドに自動的に写真を保存してPCと同期するのが、一番便利かもしれません。しかし、クラウドですと、Wi-Fi環境の必要性、セキュリティの問題、サービスの継続性などが心配なので、私は写真や映像データをPCに保存し、ブルーレイのディスクに書き込みたいと考えました。

Media Goを使用

Media Go

以前、Xperia acroを使っていた時は、Media Goというソニー製の無料ソフトウェアを使っていました。Xperiaをお使いの方は、純正のソフトとしてご存じの方が多いですよね。私のPCにも、今でもインストールされていて、音楽をスマホに転送する際に使っています。

Xperiaだけではなく、富士通製スマホのArrows(docomo F-04E)でも、写真の保存や音楽の転送に問題なく使えていました。

PlayMemories Homeを使用

Playmemories home

私のPCには、ソニーのPlayMemories Homeという無料ソフトウェアが入っています。

2年ほど前、ソニーのミラーレス一眼NEX-6を使い始め、添付のソフトウェアが、このPlayMemoriesでした。ソニー製のカメラとの親和性が高いので、ソニー製カメラをお使いの場合、使用されている方が多いかもしれませんね。プロが使うようなソフトウェアでは無いと思いますが、お手軽に無料で使えます。

picasaというGoogleのソフトウェアも、一時期使っていましたが、NEX-6のビデオを間違った日付のフォルダーに保存するなど、問題があったので利用を辞め、PlayMemoriesに切り替えました。今後は、このソフトを使って、私が愛用しているスマホau版のXperia Z5(SOV32)の写真とビデオを、PCに読み込みたいと思います。

PlayMemoriesを使うと便利な点を考察

  • ソニーのミラーレスカメラを使っているなら、このソフト一つで事足りる。
  • 日付ごとのフォルダーで写真とビデオを保存できる。
  • データを読み込む前に、機器に応じて、読み込むフォルダー(予め登録)を選択できる。
  • PlayMemories Onlineというクラウドでのバックアップ&共有サービスを利用できる。(使い勝手は2016年6月現時点ではイマイチだが、スマホでも使うと便利)
  • 写真やビデオの編集機能がある。
  • ディスクへの書き込み機能がある。
  • 写真のF値やシャッタースピードなど、撮影時の情報を確認しやすい。
  • ソニー製品との親和性が高い。

次回の記事では、以上の考察も踏まえ、実際にXperia Z5の写真をPlayMemories Homeを使って、PCに取り込んでみます。Xperiaだけではなく、iPad mini4、iPhone6の読み込みも試してみたいと考えています。