スポーツカー一覧

スイフトスポーツの公式プロモーション映像(実写+アニメーション)

フランクフルトモーターショー2017において、スズキはスイフトスポーツの世界観を体現するアニメーションと実写を合成した映像を作成しました。

目まぐるしく変わる編集のカット割りや、現実以上のスピード感の演出に、大げさ過ぎる感もします。しかし、アニメーションと格好良いお姉さんを登場させることによって、日本らしさの演出には功を奏しているかも。


新型Honda Civic typeRは最高のハンドリングと素晴らしい乗り心地

オートックワンに掲載された国沢光宏氏の記事を読んでいたら、猛烈にHonda Civic TypeRが欲しくなってしまった。お値段が張るので、そう簡単には買えませんが、とても魅力的な車ですね。

今度のtypeRの足はザックスの一軍!

辛口評論家の国沢氏が、Honda シビック typeRに最高の評価を与えている。私は国沢氏の足回りの評論をいつも参考にさせて貰っている。その国沢氏が、「ザックスの一軍」作成の「本物」のダンパーを採用したこのシビックtypeRをベタ褒めなのである。

この車なら、人馬一体となったストレスフリーのドライビングを楽しめそう!機会が有ったら、ぜひ試乗したい一台ですね。

シビックtypeRでラリー!?

国沢氏はターマックのラリーで使えると言っているので、氏によるシビックtypeRでのラリー参戦もあり得るのだろうか?

国沢氏は電気自動車の日産リーフや、燃料電池車のトヨタのミライ、そしてCVTでアイサイト付きのスバルのWRX S4などによるラリー参戦を行ってきた。最近では、アメリカのグレートレースにスバル360で参戦するなど、とても夢のある企画を実行に移してきたのである。

フレームレッドのシビック typeR

フレームレッドのシビック typeR いいね!

国沢さん、次のプロジェクトとして、ぜひシビックtypeRでのラリー参戦を期待したいです!!

新型シビックtypeRを解説した書籍

  


Porsche 718 Boxster のカーマインレッドとキャララホワイトメタリックの車両をコンフィギュレーターで作ってみた

2016年6月1日に、ポルシェは、新型の「718ボクスター」の発表を行いました。

新型のPorsche 718 Boxsterとは

  • エンジンは水平対向4気筒ユニット
  • 最高出力300馬力
  • 最高時速は275キロ
  • PDK仕様車は、時速100キロまで4.7秒
  • 価格は6速MTが658万円~
  • 7速PDKは710万4千円~
  • 販売目標は年間700台以上

Porsche 718 Boxster、かなり格好良いですね。特にフロントのデザインやライト周りの造形など、変化球ではなく、直球で心に刺さりました。デザインのチグハグさが無く、不安定さを感じないので、見ていて気持ち良い。ああ、お金があれば、欲しい。

ポルシェ・カー・コンフィギュレーターを試してみた

お金が無く購入は出来ませんが、デザインを眺めたいので、ポルシェ・カー・コンフィギュレーターで、車の色やホイールなどを自分好みにカスタマイズしてみました。

以前、東京オートサロンで見たボクスターは白で、超格好良かったと、強烈に覚えています。ですので、白いボクスターをまず作ってみました。今回、コンフィギュレーターで試した白は標準のホワイトでは無く、追加料金が必要な「キャララホワイトメタリック」です。

他の色も試していて、良いなと思った色が、特別色の「カーマインレッド」です。

ホイールは、白いボクスターは19インチ、赤いボクスターは20インチにしてみました。私としては、19インチのホイールの方が車体との見た目のバランスが良いのかなぁと思いました。デザインも19インチの方が好みですね。20インチのデザインも好きですが、ちょっと大きすぎるような気がしました。あまり、ホイールが大きいと、ボディよりもホイールが出しゃばっているようで、好きじゃないんです。そこらへんは、デザインにも寄るのかもしれませんね。

とか書きながら、サイドの写真を見ていたら、20インチのホイールの方が良いかも・・と心変わりしてしまいそう(汗)。

ポルシェ・カー・コンフィギュレーター

Porsche 718 Boxster キャララホワイトメタリック

ボディーカラーの「キャララホワイトメタリック」は、15万円。ホイールは、「19-in Boxster Sホイール」で、 32万5千円です。その他、内装などは標準のままで、合計販売価格は、MT車で7,055、000円です。
Porsche 718 Boxster キャララホワイトメタリック フロント
Porsche 718 Boxster キャララホワイトメタリック リア
Porsche 718 Boxster キャララホワイトメタリック サイド
Porsche 718 Boxster キャララホワイトメタリック ルーフ

Porsche 718 Boxster カーマインレッド

ボディーカラーの「カーマインレッド」は、42万6千円。ホイールは、「20-in Carrera クラシックホイール」で、 58万4千円です。その他、内装などは標準のままで、合計販売価格は、MT車で7,590、000円です。
Porsche 718 Boxster カーマインレッド フロント

Porsche 718 Boxster カーマインレッド リア

Porsche 718 Boxster カーマインレッド サイド

Porsche 718 Boxster カーマインレッド ルーフ

Porsche 718 Boxster インテリア

このインテリアの画像は標準装備で、トランスミッションはMTです。

Porsche 718 Boxster インテリア

Porsche 718 Boxster インテリア


日産 GT-R NISMOの2017年モデルの画像

日産は、新しいGT-R NISMO 2017年モデルを発表しました。フロントバンパーが新しい形状に変更されています。フロント周りのデザインに迫力が増し、だいぶ印象が変わりましたね。今回の改良で、ボディ剛性とダウンフォースが大幅に向上しています。インテリアは、標準モデル同様に、新しいデザインが採用されました。「ディスプレーコマンドコントロール」によるボタンとダイヤルによる画面操作も可能です。

エンジンには、レースで使用される大口径のツインターボチャージャーを搭載。ショックアブソーバーは、ビルシュタイン製の「DampTronic」を採用し、NISMO仕様にチューニングされています。

2017年モデルの外装色は、全部で5種類となります。5種類がどの色になるのかはまだ分かりませんので、続報が入り次第、掲載したいと思います。

画像のリンク先は、サイズ1980×1280ピクセルの画像です。

NISSAN GT-R NISMO フロント NISSAN GT-R NISMO フロント NISSAN GT-R NISMO 新しいバンパー形状 NISSAN GT-R NISMO 新しいバンパー形状 NISSAN GT-R NISMO ホイール NISSAN GT-R NISMO 斜め後方からのデザイン NISSAN GT-R NISMO サイドのデザイン NISSAN GT-R NISMO 真正面のデザイン NISSAN GT-R NISMO インテリア NISSAN GT-R NISMO シフトノブ周りのデザイン NISSAN GT-R NISMO インテリアのデザイン


S2000後継車が2018年に登場?

わぉ!スポーツカー好きとしては嬉しいニュースが飛び込んできました。2018年のホンダ創設70週年に合わせて、S2000の後継車を発売するそうです。車体はマツダのロードスターに近いサイズですが、エンジンはロードスターよりもパワーのある物が積まれるそう。ロードスターのエンジンパワーでは物足りないと感じていた人には、とても魅力的な商品になりそうですね。

デザインはどうなる?

スポーツカーなら、やっぱり格好良いデザインを期待したいです!果たしてデザインは新型NSXの系統になるのか、それともS660のようなデザインになるのでしょうか?ネット上には、予想デザインがいくつか上がっています。個人的には、下の画像のようなNSXと同じ系統のデザインにはならないと思っています。新型NSXはアメリカを重視して開発されたものなので、次期S2000が日本で開発されるのであれば、全く違うデザインにしてくると思います。デザインを寄せてくるなら、S660かもしれませんね。車のデザインはどこの市場を重視するかで、全く変わってくるのですが、アメリカ人向けのデザインにしてしまうと、日本人には厳しいかもしれません。ぜひぜひ日本人にウケるような、デザインを期待したいです。モーターショーでのコンセプトカーの発表が楽しみです。

新型NSX風のS2000予想デザイン

HONDA S2000 予想デザイン フロント

HONDA S2000 予想デザイン リア

S2000 TypeRの予想デザイン

HONDA S2000 typeR 予想デザイン

S660のような予想デザイン

HONDA S2000 予想デザイン S660風

程度の良い初代S2000は400万円近い価格

ちなみに、初代S2000の中古車の価格帯は、2016年5月現在で、1万3千キロの走行距離で、379万8360円の価格が付けられています。法定整備や税金などを加味すると、400万円くらい払わないと入手できないのか・・・。スパルタンな印象の有る初代S2000だからこそ乗りたいという人が、まだまだいるようです。

初代S2000オーナーの皆さんはどう思う?

初代S2000オーナーの皆さんが、どれだけ魅力を感じる事ができるのか?それとも、全く方向性を変えて制作されるのか?新型のデザインや走りの方向性が明らかになった時に、初代S2000オーナーの皆さんの反応が気になります。

S2000関連商品